ドライブレコーダー 2016 パイオニア

パイオニアの最新ドラレコは高画質&駐車監視もばっちり♪

パイオニアの2016年3月に発売されたNEWモデル『ND-DVR10』
カメラ一体型のドラレコユニットです。

 

 

2015年3月にND-DVR1が発売されてからなのでちょうど一年ですね。

 

新しく出たND-DVR10の機能はどんなものかのか?

 

気になる機能を見てみると特に目新しいものはありません。

 

では、チェックする必要もないのかということではありません。

 

というのも今売れてるドラレコの機能は一通りあるということなんです。

 

その機能はというと

GPS内蔵
Gセンサー搭載
WDR機能
録画はFull HD対応
LED信号機対応
録画:常時、イベント(衝撃)、駐車監視
地デジノイズ対策有り
音声録音機能

 

とドラレコを使う上で十分な仕様です。

 

そして本体にバッテリーが内蔵されているので駐車時に動体検知や

 

衝撃にも対応して

 

それに連動して前後10秒を専用フォルダに録画もしてくれるので
イタズラや駐車時の衝突事故等にも効果大です。

 

ND-DVR10は機能のバランスのとれたモデルともいえます。

 

以前のND-DVR1からND-DVR10になって
何が変わったのか参考までに比較してみました。

 

 

 

 

 

 

ND-DVR10

ND-DVR1

 

 

タイプ

カメラ一体式

カメラセパレート式

カメラ画素数

200万

200万

モニター

2.4インチ

なし

画角:水平/垂直

105°/55°

120°/63°

記録解像度(最大)

Full HD/200万画素

Full HD/200万画素

記録方式

常時・イベント・駐車(動体検知有り)

常時・イベント・駐車(衝撃)

GPS

-

Gセンサー

LED信号機対応/fps

〇/27.5 

〇/27.5

地デジノイズ対策

WDR

音声(ON/OFF切り替え有り)

基本機能はそんなに変わりませんがこの2モデルは使い方が
別に考えた方がいいみたいです。

 

というのもND-DVR10は必要な基本機能は全てありそれプラス録画モードも
常時+イベント(衝撃)+駐車監視(衝撃、動体検知)と充実しています。

 

そしてND-DVR1はGPS機能がついていません。

 

これはGPS機能が使えないという訳ではなく専用のナビと連携することで
ナビのGPSを使ってドラレコのGPS機能として使うことが出来ます。

 

それにND-DVR1はカメラと本体が別になっていることで
カメラ単体が小型化されてることによって設置場所がいろいろ選択出来ます。

 

例えば、基本はフロントガラスの上部に設置しますが、
カメラの設定で上下反転左右反転出来るので
リアにもカメラを設置出来ます。

 

 

こうすることで後方の映像も記録することが出来ます。

 

更にはカメラの左右反転を使うことで車内を映像も記録することが出来たりします。

 

通常のドラレコとして使うならND-DVR10。

 

車内や後方を記録したい場合にはND-DVR1と
仕様用途によって選択肢があるといったところでしょうか。

 

ND-DVR10は2016年3月モデルで機能は充実しているので
NEWモデルを探しているのなら人気のドラレコなので
チェックしてみるといいと思います。

 

 

 

関連ページ

ケンウッドのドライブレコーダーは3Mフルハイビジョン+運転支援が充実!
人気のおすすめのドラレコ【ドライブレコーダー】の最新モデルをピックアップしています。最新モデルの特徴とは?

TOP 人気モデル 最新モデル 駐車監視