ドラレコ 駐車監視 おすすめ

ドラレコの駐車監視のあるおすすめモデルは?

ドラレコの記録方式で基本は常時録画と
Gセンサー(衝撃)によるイベント記録は欲しいところですが
最近のドラレコにはこの機能は実装されているので問題ありません。

 

今では更にこの2つの録画方式+駐車監視録画も出来るモデルも増えてきました。

 

駐車監視の記録はどのようなときに使われるかと言うと

駐車中に車に衝撃があった場合

 

駐車中に動体検知があった場合

 

というように状況に応じて記録されます。

 

自分の車に対してされたら恐いのが『当て逃げ』や『イタズラ』ではないでしょうか。

 

駐車中ということは自分が車の近くにいないので
車に何かあった場合には何が起こったのか把握できませんが
その時の状況をドラレコが記録していれば
あとで確認することができ対処も出来ます。

 

なのでドラレコを選ぶときに駐車監視の機能があるモデルを
選択肢に入れてる人もけっこういたりします。

 

しかし、駐車監視機能があるものはエンジンを切った状態で機能するということ。

 

ということはドラレコに稼動するための電源が必要になります。

 

その電源はどこからとるかというと大体2タイプに分かれます。

 

一つはドラレコ内にバッテリーが内蔵されているタイプのもの、
もう一つは車のバッテリーから直に電源を取るものとこの2つに分かれると思います。

 

この2つのメリットデメリットは内蔵式のメリットは難しい配線が必要ないところ。
シガーライターから取るものならそれだけでOK。

 

デメリットはあまり長時間稼動出来ないところ。

 

逆に直結タイプはメリットは内蔵式タイプより長時間監視が出来ますが
バッテリーの直接に繋いでいるので長時間稼動していると車のバッテリーに負担がかかります。

 

ただ、バッテリー上がりを防止する機能もあるので購入前に
しっかりと確認する必要があります。

 

そしてバッテリーから電源供給をしないといけないので専用の配線が必要になります。
難しい配線ではありませんが、ここはある程度知識が必要になります。

 

というようにどちらもメリットデメリットはありますが
駐車監視をするのに必要なものなので外すことは出来ません。

 

そんな注目されている駐車監視機能あるドラレコを
人気のメーカー別にピックアップしてみました。

 

ちなみに人気のユピテルのドラレコは常時記録やイベント(衝撃)記録、
運転サポートという機能は充実してますが駐車監視は仕様がないので使えません。

 

駐車監視をするのに必要な電源はドラレコにバッテリーを内蔵するタイプか
バッテリーから直に電源を取るしかありません。

 

内蔵タイプだと監視する時間が比較的短いのが欠点です。
それを補うのにバッテリーから直に電源が供給出来るコードで解消出来ます。

 

ただ、バッテリーを直にすると長時間の監視は可能になりますが
その分バッテリーに負荷が掛かるのが欠点でもあります。

 

しかし、そうならないようにバッテリーの電圧を監視する機能やタイマー機能で
バッテリーを保護するようになってたりします。

 

最近ではモバイルバッテリーを代用して駐車監視を行うユーザーもいます。

 

KENWOOD【ケンウッド】

 

DRV-610

DRV-410

 

KNA-DR350

KNA-DR300

衝撃

動体検知

-

-

バッテリー内蔵有

フル充電動作時間

約15分

-

約25分

約25分

常時電源ケーブル

オプション

CA-DR150

オプション

CA-DR100

オプション

CA-DR150

オプション

CA-DR150

 

詳細

詳細

詳細

詳細

 

Pioneer【パイオニア】

COMTEC

【コムテック】

cellstar

【セルスター】

 

ND-DVR10

 

 

ND-DVR10

 

HDR-251GH

 

CSD-570FH

 

衝撃

動体検知

-

-

バッテリー内蔵有

フル充電動作時間

約50分

-

約30分

-

常時電源ケーブル

-

同梱

オプション

ZR-01

オプション

GDO-05

 

詳細

詳細

詳細

詳細

 


TOP 人気モデル 最新モデル 駐車監視